夏だ!海だ!星だ!石垣島に行こう!!

下は梅雨前線の雲

暑い暑い夏がやってきました!

青い空、白い雲、どこまでも続く美しい砂浜・・・夏といえば、やっぱり行きたい、南の島!と、いうわけで行ってきました、念願のIshigaki island!ただ私が行った日は、思いがけなくも梅雨前線が停滞し、最悪のお天気だったので星見はお預けとなってしまいましたが、晴れるとこのように美しい星を見ることができます。

石垣市観光交流協会HPより

 

石垣島が全国有数の星見スポットとなった4つの理由

なぜ石垣島は全国有数の星見スポットとなり得たのか、まずはその理由からお話ししましょう。

①世界トップレベルの暗い夜空

まず地図で石垣島を探してみてください。九州→奄美→沖縄、と下りに下って見えてきた、ココです。

 

地図で見てわかるように、周りは海に囲まれ、人口の光の影響はわずかしかありません。街明かりを避ければ、あとは漆黒の闇。これ以上ない星空が楽しめます。

②全天88星座のうち84星座を見られる

石垣島を含む八重山諸島では、日本で唯一「南十字星」を見ることができます(12月〜6月)。でもそれだけではありません。全天にある88星座のうち、84もの星座を見ることができるのです!国内でこんなに多くの星座が見られるなんて、なんだかおトクですね☆

③全天21個全ての1等星が見られる

地球から見える1等星は全部で21個。石垣島では、その全てを見ることができるんです!「見れば長生きできる星」として有名なりゅうこつ座の「カノープス」や、太陽の次に近い恒星・ケンタウルス座のαβ星など冬場で天候がよければ「メシエマラソン」ならぬ「1等星マラソン」を楽しめるかも!

④ 星が瞬かずにクリアに輝く

石垣島の上空は、ジェット気流の影響が少なく、大気が安定しているため、星が瞬かず、くっきり見えるんだとか!望遠鏡で見ても満足できそう!

 石垣島天文台

そんなわけで、ここに天文台を建設するという話が浮上し、できあがったのが、石垣島天文台

なんと、入り口の上にはきちんとシーサーが端座しています。

この石垣島天文台には、全国でも有数の大きさである口径105㎝の望遠鏡が設置されています。

そしてよく見ると架台には不思議な模様・・・

これは八重山地方の織物である「みんさー織り」の模様。「いつ(五)の世(四)までも私を愛し続けて下さい」という乙女の気持ちが織り込まれたこの模様――――天文台がいつまでも愛されるようにと、地元の高校生が描いたそうです。なんてステキなエピソード!

また石垣島天文台では「4D2U」(4次元宇宙映像)という、宇宙の果てまで旅ができる映像企画を楽しむことができます。もちろん、職員の方が生で解説してくれる、不思議な宇宙旅行。赤と青のサングラスをかけて出発すると、宇宙に浮遊しているような感覚になります。ただし、この「4D2U」は要予約なのでご注意を!

★石垣島天文台→詳しくはこちら

 

目で見るだけじゃない!宇宙を感じるVERA石垣島観測所

そしてもうひとつご紹介したいのが「VERA石垣島観測所」。ここには口径20mもの電波望遠鏡が設置されています。パラボラ好きの私としては、テンションが上がる~!なんという凜としたたたずまい・・・ステキ☆

敷地内には観測室もあり、なんと、研究者の方が直接、仕事内容や施設を説明してくれるんです!天文関係を目指す方にはもちろん、そうで無い方でもわかりやすくお話してくれるので、聞いていてとても勉強になります。

この電波天文台を使ってやろうとしているのは、VERAプロジェクト。

その内容はというと、ズバリ「天の川の立体地図作り」!石垣島を含め、日本列島の4カ所(他は鹿児島・岩手・小笠原)に設置された同じ望遠鏡を組み合わせて、同じ時間に同じ星を観測すると、直径2300kmの望遠鏡と同様の性能になるんだとか。これは月面上にある1円玉を判別できるほどの測定精度だそう。この精密な測定をもって、天の川の立体地図を作っていくなんて、聞いているだけでワクワクしますよね!

こちらは予約不要で行くことができます。天文台から車で20分程度の近距離なので、ぜひ立ち寄って、研究者の方と普段はできないようなマニアック宇宙トークに花を咲かせてみてはいかがでしょう♪

★VERA石垣島観測局→詳しくはこちら

まとめ

石垣島に行くなら、事前のレンタカー予約がオススメ!市街地はコンパクトなので歩いてまわれますが、星見となると、山や丘に行ったりと、移動が不可避!島全体はそんなに大きくないので、日中は海を目指してドライブ、夜は星見と、車があれば1日中満喫できます!また「どこで星を見たらいいかわからない」という人には、星見ツアーも多く行われており、「星空保護区」を目指す、星の美しい極秘場所に連れて行ってくれたり、マングローブの森の中でカヤックの上に寝転がって星を眺める「ナイトカヤックツアー」もあったりと、星アクティビティが大充実!1日では絶対に時間が足りません(^_^;)

のんびりゆったり、島時間を楽しみながら、壮大な星たちを見上げるなんて、最高に幸せですね!

ちなみに毎年夏には、すっかり恒例になった「南の島の星まつり」も開催されます。今年のお盆は石垣島で最高の星と出会う旅なんていかがでしょうか?

★南の島の星まつり→詳しくはこちら

石垣市観光交流協会HPより

 

夏だ!海だ!星だ!石垣島に行こう!!” に対して2件のコメントがあります。

  1. TeaSpoon より:

    石垣いいですね。
    自分は2003年夏に、石垣を拠点として宮古、西表、波照間、小浜、与那国に行きました。あの火星大接近の年です。機材も全く持っていなかった頃でもあり、波照間天文台での火星観望を目論んでいましたが準備が十分でなく、叶いませんでした。しかし彼の島々で観た星空は肉眼でも感動的でした。

    1. ナツ より:

      TeaSpoonさん、こんにちは!
      2003年に島巡り、をされたんですね!!うらやましいです!!さぞかしキレイな星空だったでしょうね~☆
      石垣を拠点にしたら、あのあたりの島を結構巡れるということがわかり、次回は波照間あたりまで行きたいと
      目論んでいます(*^_^*)周囲が海、という島での星見にちょっとハマりそうです。今年は近いうちに、
      五島に行きたいと思っています!その時はまたご報告しますね♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です