TOKYO宇宙スポット巡り①~日本科学未来館~

GW期間中、「宙ガール@KYUSYU」は、九州を飛び出して東京に遠征してきました!今回は、私が巡った東京で宇宙を楽しめるスポットをご紹介します!

 

先ずご紹介するのは、日本科学未来館

宇宙飛行士の毛利衛さんが館長をしていることでも有名ですよね。ここは科学や宇宙に親しみ、楽しむだけでなく、思索を深められる問いかけや企画などもあり、大人も子どもも楽しめる場所になっています。

私が行ったこの日は、ちょうどディズニーの展示などもおこなわれており、チケットを買うまでが大変な行列!とりあえず列に並んで、常設展のチケットを購入しました。

 

「よーし、見るぞ!」意気込んで建物の中に入るやいなや、「あれ?」見た顔の人がいる…なんと、元同僚の先輩がそこに立っているではありませんか!思わず声をあげて驚いてしまいました!広い東京のこんなコアな場所とタイミングで、まるで待ち合わせたかのように出会うとは!今回の旅、何が起こるかわかりません。

 

先輩との立ち話で盛り上がったあとは、いよいよ展示スペースへ。ここではまずノーベル賞受賞者の皆さんからのメッセージに迎えられます。

ひとつひとつを読むと、どれも身につまされる言葉ばかり。当たり前の日常を当たり前に過ごしている自分に、「喝」を入れられたような気分になりながら、私の頭は思索モードに入ります。

 

 

そんな私の目の前に現れたのがコレ!

「ジオコスモス」!!

移り変わる地球の表情に、思わず見とれてしまいます。この中に私たちがいるんだと思うと、不思議な気分になります。そして、このジオコスモスを見ながら上のフロアに上がると、たくさんの顔写真が飾られていました。

 

ん…これは、まさか!!

そうです、宇宙飛行士の皆さんの写真が飾られているではありませんか。ジオコスモスをバックに、その年ごとにミッションをおこなった皆さんの写真を見る…得も言われぬ感慨を味わいます。写真を見ながら、宇宙にいった人が「こんなにいるんだ」という気持ちと「これだけしかいないんだ」という気持ちが入り混ざります。宇宙はまだまだ人間にとってハードルの高い場所。そこに挑んでいく「地球人代表」の皆さん…宇宙飛行士ってやっぱりスゴイ!

 

通路を登りきったところには、ISS日本実験棟の「きぼう」!いろんなところで、何度も見ているのに、毎回テンションがあがるこのたたずまい!中に入ると、宇宙飛行士が過ごすISSの個室やトイレなども展示されています。

 

「きぼう」の中にはボランティアの解説員がいて、いろんな質問にわかりやすく答えてくれるので、子どもさんに喜ばれそう。

 

「きぼう」を出て歩いていると…

 

「ワタシタチ人間ガ生マレタのは23時59分59秒ナノデス」

 

と流暢な日本語が聞こえてきました。何だろうと思って足を止めると、なにやら講義がおこなわれている!この時の内容は、宇宙の創世と人類の誕生について。みんな静かに聞き入っています。ここではこのように、短い時間で凝縮されたお話を聞くことができるようです!終了後は質問などもでき、クオリティの高い時間を過ごせる…何といういいアイデアだろうと感心しました。

 

他にもH2ロケットのエンジンや

 

カミオカンデの実寸大模型など

宇宙や科学好きにはたまらない展示がたくさん!

 

こういう所に幼い頃から遊びにくれば、多角的に物事を考えたり、柔軟な発想を持てるようになりそう(*´∀`)

 

宇宙好き、科学好きの皆さんにオススメの科学未来館です♪

気になる方はこちら(*^_^*)

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です