スターパーティin白木峰①

楽しみにしていた「スターパーティin白木峰」(通称スタパー)に参加してきました!こちらに来て、初めての大きな星イベント。どんな方に出会えるのかドキドキワクワクです(*´∀`)

 

長崎市内から車で一時間程度の諫早市にある白木峰。長崎では割と有名な星見スポットらしいです。私たちが到着した20:30頃には、もうけっこうな人数が集まっている!!私は、スタパーに誘ってくれたお友だちであるten.さんと合流し、名簿に名前を書いてから、皆さんの輪の中へ。するとすでに思い思いの場所で、望遠鏡が設置されているではありませんか!いつもながら、なんてテンションが上がる光景!!

 

私もまずは自分の望遠鏡・ポルタと折りたたみのイスを設置。でも、ほとんどこのイスには座ることはありませんでした。と、いうのも、他の方の望遠鏡を早く覗いてみたくて、ウズウズウズ・・・ポルタを準備しながらも、皆さんの機材を目で追ってしまいます。はやる気持ちを抑えて、私がポルタを組み立てていると、早速、星猛者のおじさまたちが集まって来てくれました。初めての参加で、ほんの少し緊張している私の気持ちをほぐそうとしてくれているのか、皆さん、優しく話しかけてくれます。すると、あるおじさまが、私のフレキシブルハンドルを見て言いました。「このハンドル、もうちょっと下にあったらいいと思わない?」――――フレキシブルハンドルというのは、望遠鏡をちょこっとだけ動かしたいという時に操作するハンドルです(下写真)。

カメラのキタムラさんHPより

標準装備ではないので、オプションで買うことができます。手が短い私は(泣)ポルタを買う時に、迷わず同時購入!でも、おじさまのいう通り、右手を顔より上げて操作しないといけないのと、望遠鏡から「ピョーン」と出ているので、動くときに引っかかったりと、その位置が少し気になっていたのです。でも、疑いの心を持たない純粋無垢な私は(単に無知ともいう)「こんなものだろう」と、愛すべき「ピョーン」と出たハンドルを活用していたのでした。

 

「そうですねえ…もう少し下にあったらいいなとは思います」

 

私がそう答えるやいなや、「じゃあ、場所変えちゃおう!」とおじさまたち。

「え!」――――と驚き顔の私が見つめる中、ドリフの場転と並ぶ素早さで、鏡筒を外し、今まで私が開けたことのない、未知の扉を開け始めました。

 

こっ、こんなところに器具が入っている!!!

まるで忍者の「隠れ蓑の術」さながら、覆われた黒いゴムの下に秘密道具が隠されていたなんて!

外された鏡筒を両手に抱えながら、驚きが隠せない私。でもおじさまたちは、楽しそうにちゃっちゃっちゃっとハンドルの位置を変え、「はーい、できたから鏡筒つけてみて」と、口をあんぐりと開けている私に言うではありませんか。仰せのままに鏡筒をつけると、良い塩梅の所に、ハンドルが落ち着きました。

取扱説明書には書いていたのかもしれませんが、世に言う「トリセツ嫌い」の私は、当然、あの「未知の扉」の存在を知りませんでした。。。まさか、あんなに簡単にできてしまうとは!のっけから、長崎の星猛者おじさまたちの洗礼を受けながら、「こうすれば望遠鏡をもっと使いやすくできる」という話に聞き入る私。望遠鏡が向いている方向がきちんとわかるように、上に蛍光シールを貼ったり、クイックファインダーを取り付けたり、と私でも簡単にできそうな工夫をいっぱい教えてもらいました。(蛍光シールは、翌日100円ショップで購入し、貼付完了!またご紹介しますね♪)

 

ちなみに、ここで見せてもらった望遠鏡の全てが、自分なりのアレンジを加えたもので、誰一人手を入れていない人がいませんでした。先日、TOMITAの店長さんも言われていましたが、「望遠鏡は自分が楽しめるように、どんどん手を入れるもの。望遠鏡に不満があれば、それをどうやったら解消できるか考えるのも楽しいよ。」――――確かにそうだよなあ・・・人にもいろんな性格があるように、望遠鏡にも善し悪しがある。でも高い買い物だからこそ、どんどん手を入れて、自分が覗きたくなるように工夫すればいい。私はこのポルタを買ったときに、店長さんから「どんどん汚して、ボロボロにしてね」と言われましたが、そうしてあげることが、望遠鏡を愛してあげることにつながっていくんだと思います。「高いものだから汚すまい」と、しまい込むのはもったいない!!!よーし、使い倒して、ボロボロにしてやるぞ!!!

 

とはいえ(^_^;)

 

やっぱり気になるのは、他の皆さんの望遠鏡。

こういう機会にどんどん覗かせてもらい、触らせてもらい(もちろん許可をもらってから)、自分に合いそうな望遠鏡を探すというのが、スターパーティに参加した目的のひとつ!だってここには、お店にはない望遠鏡がいっぱいありますから!!!

迫力のドブソニアンからアイデアいっぱいの自作望遠鏡まで、いろんなものを覗かせてもらいました。

次回は、そのうちのいくつかをご紹介したいと思いますので、お楽しみに☆

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です