熊本県民天文台②

さて、今日は先日お邪魔した熊本県民天文台のお話の続きです。

かわいい男の子たちが帰宅したあとの大人の星見タイム。この時間帯になると、雲もかなり切れ、たくさんの星が見えてきました。

「あ!カペラだ!」

ひげの副台長さん(全回参照^^)が指した方向を見ると、確かに黄色に輝く星が。冬を代表する星――「ぎょしゃ座」のカペラです。

「冬の星がもう昇ってきてる!」

「ホントだ!」

そう言いながら振り返ると、夏の星たちが、西の空低くに沈んでいます。

「すばるも見える!!」

その声が聞こえる前に、もう望遠鏡はすばるに向けられていました(←さすが!)

 

すばるは、別名「プレアデス星団」。肉眼でも5~7個の星の集まりを見ることが出来ます。清少納言の「枕草子」に「星はすばる」とありますが、そのすばるです。確かにすばるは望遠鏡でもよく見えるのですが、一番いいのは双眼鏡。双眼鏡は基本的には星に向けるだけいいので、気軽に星探しができ、とても便利です。私も車には常にビクセンの「ソラプティ」を乗せて、持ち歩いていますよ(笑)

「双眼鏡も持ってくればよかったな~」

と思った瞬間、「双眼鏡持ってきてみようか?すばるは双眼鏡だよね~」との声!

心の声が聞こえたのか!?――と思うくらいのナイスタイミング!!

「あ、あるんですかっ!!」

食いつく私に「もちろんあるよ(^―^)2つ持ってこよう」とひげの副台長さん。

「ホント、不思議なくらい何でもあるんですよ、ここには(笑)」とSさん。

この日、人が少なかったこともあるんだろうけど、至れり尽くせり!いろんなアイテムで、星を楽しむことができました。

そのあとは、天文台のブログ用に写真撮影を。私も便乗して、宙を見上げる写真を撮ってもらいました☆望遠鏡とのツーショットです!

 

立派な大人も、宇宙138億年の空の下では、子どものようにはしゃいでしまいますよね(笑)星を見上げたり、お話を聞いたり、写真を撮ったりと、夜遅くまで星遊びを満喫させていただきました!天文台を後にするのは、本当に名残惜しくて、本当に一晩中ここにいたいくらい!

でも雲も出てきたし、そろそろ解散することに(T_T)

あ、帰り際にきちんと募金もしてきましたよ。

 

そうなんです。

熊本地震で破損した望遠鏡を修理するにも、新しく購入するにも、先立つものはお金!!しかもこの天文台の運営費も、会員の方々が自己負担されているそうなんです。自らも被災した方がいるという天文台に、私たち宙仲間ができることは何か――それは1日も早く、天文台が通常運営できるよう、お手伝いすること。

そのためにはやはり、少しでも応援の募金をさせてもらうことだと思います。

地域にも星好きにも愛されているすばらしい熊本県民天文台。そして大変な中でも望遠鏡を借用してまで、星とつながっていこうとする皆さんの心意気!ぜひ一人でも多くの人に応援してもらいたいです。

もちろん、そう言うからには、私自身も力になっていきたいと決意しています。少しずつの力でも、たくさん集まれば、大きな力となり、それが希望になると信じて!

直接行けない方も、振り込みで募金ができます→詳しくはこちら

ちなみに、5000円以上の募金をされた方には、自分で作る望遠鏡キッドがもらえますよ♪なんと10000円相当のものが。私もいただいたので、宙ガール仲間にプレゼントしようかな!

皆さんもぜひ、熊本県民天文台に足を運んでみて下さいね!自信を持って、そして力を込めてオススメします!!

 

今回つながった、ステキな宙仲間の皆さん!これからもますます星の下で繋がっていきたいので、また遊びに行かせてくださいね!!

 

熊本県民天文台②” に対して3件のコメントがあります。

  1. 照美 より:

    県民展望台,本当に宇宙が大好きで,好きな人達に楽しんで貰いたいとの,真心が伝わってきますね(^-^)九州に,そんな所が有ったとは…宇宙を通じての人との繋がり益々増えますね❗ナツさん(^o^)

    1. ナツ より:

      皆さんの心がダイレクトに伝わる天文台でした!
      きっと県民天文台のファンは、これからも増えると思います☆彡

  2. 照美 より:

    本当に,そう思います(^-^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です